忍者ブログ
恵比寿の美容室
[56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5月23日にメジャー第1弾ミニアルバム「慟哭」をリリースした宇宙人が5月31日、レコ発ライブ“西向く侍”を東京・赤坂BLITZにて開催した。

ゲストにN’夙川BOYSと私立恵比寿中学を迎え、異色の3マン・ライブとなったこの公演。

この日の一番手は私立恵比寿中学。1曲目「売れたいエモーション!」が始まると同時にステージから大量の銀テープが発射され、さらに天井からはメンバーと校長の似顔絵が描かれた偽札が撒かれ、早くも会場内は興奮状態となった。

その後も彼女たちは「ザ・ティッシュ~とまらない青春~」「仮契約のシンデレラ」で元気いっぱいなパフォーマンスを披露。「揚げろ!エビフライ」では会場中でタオルが舞い、メタル風の「放課後下駄箱ロッケンロールMX」では観客も一斉にXジャンプをしていた。

続くN’夙川BOYSは、ミラーボールの光が降り注ぐ中で1曲目「プラネットマジック」を熱唱。マーヤLOVEは会場を見渡して「赤坂BLITZ、めちゃくちゃデカいね!  こんなところでライブできるとは!」と感動していた。

その後、映画『スター・ウォーズ』のテーマが突然流れ、観客参加型企画「スター・LOVE・ウォーズ」がスタート。これは観客が2手に分かれて客席で綱引きをし、負けたチームが勝ったチームのために物販で缶コーヒーをもらってくるというもの。N’夙川BOYSのリンダdada率いるチームと宇宙人のドラマーわだまこと率いるチームが対決し、熱戦の末リンダdadaチームが勝利を収めた。

綱引き大会を終えてN’夙川BOYSのライブに戻ると、「物語はちと?不安定」で会場の興奮は最高潮に。シンノスケboysはギターを弾きながらクラウドサーフしたり、2階によじ登ろうとしたりと縦横無尽に暴れまわった。

そしてトリを務める宇宙人のライブがスタート。まずはギターのこまつけんた、ベースのにいやひでひろ、ドラムのわだまことだけがステージに現れ、ミニアルバム「慟哭」のラストを飾るインスト曲「時計」が演奏された。薄暗い照明の中で、3人はプログレのような複雑なフレーズをひたすら演奏。しばらくしてボーカルのしのさきあさこも登壇するが、彼女はマイクの前でポーズを決めたまま棒立ちし、観客はその緊張感に満ちた光景をただただ見守っていた。

その後の「あこがれのネクタイ」「もっともっとインザルーム」「アメーバダンス」といったボーカル曲では、しのさきは歌いながらずっと不思議なハンドサインをしており、時折マイク用ディレイなどの卓上に置かれたエフェクターを操作。最後の曲「家の中以外away」では自分のパートを歌い終わると曲の最中ながらそのまま退場し、MCも一切なく、独自の世界観を貫いたままライブは終了した。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Designed and Photo by IORI

忍者ブログ [PR]