忍者ブログ
恵比寿の美容室
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月30日、自己初となるZepp Tokyoでのワンマン公演をもって、バンド誕生10周年のアニヴァーサリー・イヤーを締めくくってみせたMERRY。正確に言えばこの夜のライヴは2部構成によるもので、第1部では昨年夏にリリースされた傑作アルバム『Beautiful Freaks』の完結編ともいうべきステージが披露され、第2部はオフィシャル・サイトを通じてのファン投票の結果が選曲に反映されたリクエスト・ライヴとなった。

定番曲からレアな楽曲、懐かしい初期のナンバーから近年のライヴにおけるマスト・チューンに至るまでが盛り込まれたその演奏内容が改めて物語っていたのは、このバンドがこれまでの10年間、常に良質で実験精神の伴った楽曲を創造してきたという事実。しかもこうして“これまで”のすべてを自分たちにとっての栄養素としてきた彼らには、何ひとつ封印すべきものがない。場内を埋め尽くしたファンは改めてそんな現在の彼らの“強さ”を体感することになったはずだし、10周年がこのバンドにとって本当の意味で単なる通過点でしかないことを確信したに違いない。そしてアンコールの最後の最後、トータル約3時間半にも及ぶこの夜のライヴの最後に炸裂したニュー・シングル「群青」に込められた5人のリアルな気持ちを、すべての目撃者が共有することになったはずだ。

こうしてひとつの大きな“節目”を超えたMERRYだが、もちろんその“迷走を恐れない、全身全霊をかけての前進”はまだまだ続いていく。同公演の翌日にあたる5月1日には、このバンドにとっての出発点ともいうべき東京・目黒鹿鳴館でのFC会員限定ライヴを敢行。熱気に満ちたそのライヴを通じて、メンバーたち自身も、文字通りのコア・ファンたちとの結束の強さを実感していた。そして今後に目を向けてみると、Zepp Tokyo公演の終演間際にステージ上から告げられていた通り、この7月から8月にかけては<MERRY【collector】Tour>と銘打たれた全国ツアーも決定している。しかもそれに先駆け、7月4日にリリースされるBUCK-TICKのトリビュート・アルバムへの参加、<TOUR PARADE 2012>での同バンドとの共演(6月30日、Zepp Nagoya)も決まっているし、さらには9月に行なわれる<BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE>への出演決定という朗報も届いている。

こうしていわゆるアニヴァーサリー・モードには区切りがついたMERRYだが、彼らの2012年は、これからがむしろ本番といえるかもしれない。そしてそんな今、何よりも読者に触れてほしいのが5月2日に発売を迎えた最新シングル「群青」である。MERRYの現在、そして未来にご注目いただきたい。

PR
2012年4月27日、40年にわたって愛され続けてきた香港最大のミスコンテスト「ミス香港」が、今年はイメージ回復を図る。ナチュラルビューティーを再評価するとして、美容整形の有無を審査項目に組み込むことになった。揚子晩報の報道。 毎年、地元香港では大きな注目を集める人気のミスコン。芸能界への登竜門としても有名だったが、近年は出場者や入賞者の資質が低下したとして、往年の勢いは感じられない。第40回という記念すべき大会を迎える今年、主催のテレビ局・無線電視(TVB)は、バラエティー番組制作部のチーフディレクターを新たなプロデューサとして抜てき。内容も大幅に見直すことになった。歴代の優勝者が審査員を務め、五輪を控えたロンドンでロケを行うなど、新企画が盛りだくさんだ。 その一環として、今年からは自然のままの美を重視することに。美容整形や豊胸手術の経験があれば候補者は失格になるほか、化粧なしの“素顔審査”も導入する。主催側は、「美白やボトックス(しわ取り)程度であれば、もはや時代の流れで致し方ない。しかし、メスを入れることは許されない」とし、ある専門医も「整形の有無は目視でも確実に確認できる」としている。 1973年に創設したミス香港は、出身者の多くがスター女優に転身するなどで毎年話題を呼ぶ。最盛期だった1980~1990年代には、“歴代最高”と評される完璧な美貌のミシェール・リー(李嘉欣)、国際的な実力派女優となったマギー・チャン(張曼玉)、愛らしく清純な魅力で一世を風靡(ふうび)したアニタ・ユン(袁詠儀)など多くのスターを生んだ。(翻訳・編集/愛玉)
自分好みにまつげを調整することができると、女性に人気の「まつげエクステンション」に、今、ある問題が増加している。
国民生活センターによると、まつげエクステに関する相談件数は、2004年度から8年間で、387件。
その中でも、目に関するトラブルが9割(364件)にのぼるという。
東京・恵比寿にあるサロン「ルイール エルミタージュ」では、美容師免許を持ったスタッフにより、まつげ1本ずつに、接着剤で人工のまつげをつける施術を行っているという。
「道玄坂 加藤眼科」の加藤卓次院長は「非常に強力な接着剤を使用しますので、そういう揮発性の成分が被害を起こしているという可能性は考えられます。十分危険性を認識していただいて、施術することが重要かと思います」と話した。
NEA日本まつげエクステ協会の柿崎 暁理事長は「まつげエクステに特化した知識や技術の必要性があります」と話した。
27日、厚労省で行われた検討会では、現場で働くスタッフの意見交換が行われたという。
業界団体では、厚労省に、明確な安全指針と、美容師とは別の資格の整備を求めている
「カネボウ化粧品」(東京都中央区)が製造販売するフェースマスクを使用したところ、顔に発疹が出るなどし精神的苦痛を受けたとして、大分市内に住む40代の女性が25日までに、同社を相手に慰謝料など約260万円の損害賠償を求める訴訟を大分地裁に起こした。
 訴状によると、女性は昨年12月、同社のフェースマスクを使用。数日後、顔などに発疹が出たほか、色素沈着による染みができた。
 同社は女性から相談を受け2カ月分の治療費などを支払ったが、その後も完治しないのは、処方された薬の副作用による可能性もあるなどとして、それ以降の治療費は支払っていない。
 カネボウ化粧品の話 商品と症状の関係ははっきりしないが、できるかぎりの対応をしてきた。今後は裁判の中で真摯(しんし)に対応したい
私立恵比寿中学が4月22日に“私立恵比寿中学 スプリングデフスターツアー2012 ~こりゃあ春からエビがいい!~”の7公演目を、MEGA WEB トヨタ シティショウケースにて行った。

「仮契約のシンデレラ」の衣装に身を包んだエビ中は、1曲の目の「チャイム!」から勢い全開! 一挙にメタル・ナンバー「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」まで駆け抜け、ラストには人気楽曲の「イッショウトモダチ」を披露した。

本編終了後、出席番号5番:安本彩花が、「ちょっと待ったー!」と再びステージに登場。「新中学2年組、集まれー!」と声をかけ、安本、出席番号6番:廣田あいか、出席番号9番:松野莉奈、出席番号10番:柏木ひなたによる中2カルテットで、ZONEの2ndシングル「大爆発 NO.1」のカバーを披露した。「大爆発 NO.1」のカバーは、私立恵比寿中学のカバー・シングルとして2010年にリリースした「朝のチャイムがなりました!」の2曲目に収録されている。

またライブ途中、出席番号8番:鈴木裕乃の了承(?)で、うっかり5月5日こどもの日にリリースされるメジャー・デビュー・シングル「仮契約のシンデレラ」のサブカル盤に収録される、たむらぱん作詞作曲の「結果オーライ」を初公開。これですべてのエビ中の新曲を、ファンに届け終えた。

エビ中は今後も引き続き、“私立恵比寿中学 スプリングデフスターツアー2012 ~こりゃあ春からエビがいい!~”を開催。いよいよ今週日曜のクイーンズスクエアより、8日間連続開催という怒濤のスケジュールを敢行する
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Designed and Photo by IORI

忍者ブログ [PR]