忍者ブログ
恵比寿の美容室
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タワーレコードのアイドル専門レーベル「T-Palette Records」に所属する九州発アイドル・グループ、LinQ(リンク)。今年3月に開催した代官山UNITでのワンマン・ライヴは即完、4月にはZepp Fukuokaでのデビュー1周年記念ライヴも大成功させた彼女たち、今度はなんと東京では初となる2日間連続ワンマン・ライヴ〈TOWER RECORDS Presents LinQ東京ワンマン2days~ム・リ・シ・マ・シ・テ~〉を7月17日(火)、18日(水)に恵比寿LIQUIDROOMで開催します!

 今回のライヴには19名のメンバーが参加し、各日でセットリストは大幅に変更となるとのこと。この2日間を通して、LinQの魅力をたっぷりと味わいましょう!
PR
日差しが強く、ランチビールも許されるような気分になる今日この頃です。仕事中ですので、ランチビールはぐっと我慢しますが、週末はぐいっといきたい。タイムアウト東京がおすすめする今週末のイベントは、ビールに関するものです。

 まずは、渋谷ヒカリエ8階にオープンした「d47 MUSEUM」の第2弾企画展、「ニッポン47ブルワリー」です。47都道府県の各地域で限定生産される、地域ブランドの多種多様な個性あふれる日本のクラフトビールと、その生産者たちが一堂に集まる展覧会です。

 6月2日(土)には、ビールの製法や麦やホップなどの材料の食べ比べ、醸造方法の違いによる味わいなど、飲み比べをしながらビールの知識や楽しみ方について学べる勉強会が行われます。

 また、会期中の毎週日曜日18時から20時には、展示ビールの全てが試飲できる試飲イベントも開催される予定です。平日でも、併設の「d47 design travel store」では展示品が実際に購入できたり、レストラン「d47食堂」ではクラフトビールを生樽で楽しめますので、合わせてどうぞ。

 続いては、「ゼストキャンティーナ 恵比寿店 さよならパーティ」です。ゼストキャンティーナ恵比寿店は、オープン以来、人足が絶えないレストランで、大箱ゆえ、会社の歓送迎会などにも便利でしたし、大きなスクリーンの前で行うサッカーのパブリックビューイングなどでも大盛り上がりしておりましたが、定期借家契約満了を迎えるために、5月末日で止む無く閉店を迎えることになりました。

 閉店後の6月1日(金)には、さよならパーティが開催されます。お馴染みのロデオ大会はもちろんのこと、 DJイベントなど、店の魅力を余すところなく楽しめるプログラムが組まれています。開放的な3階のテラスには、特別屋台が登場。お店に思い出のある方はぜひ、足を運んでくださいね。

 タイムアウトバジェット:「d47 MUSEUM」入場料800円(47試飲会は+試飲券2500円)「ゼストキャンティーナ 恵比寿店 さよならパーティ」パーティの第1部は19 時~24時で、入場料2000円にてフリーフード・フリードリンクを楽しめる。第2部は24時から、1000円にて2ドリンク

 また渋谷区エリアにお出かけの際は、ぜひタイムアウト東京の渋谷アプリをご利用ください。知り尽くしたと思っていた渋谷の街にも新たな発見ができるツールです。【東谷彰子】
でんぱ組.incがニュー・シングル「キラキラチューン/Sabotage」を7月18日にリリースすることを発表した。

5月27日に渋谷WWWにて行われたシングル「でんぱれーどJAPAN/強い気持ち・強い愛」リリース記念イベントの締めくくりに、メンバーが直接ファンに向けてサプライズ発表。突然の発表にオーディエンスからは鳴り止まない拍手と祝福ムードの声援が続き、メンバーが思わず感極まって涙するシーンもあった。

今回収録の「キラキラチューン」は今まででんぱ組.incになかった、ストレートで夏にピッタリなポップ・チューン。こちらは、中川翔子などを手がけるmeg rockが初めてでんぱ組.incの楽曲に作詞で参加している。

そしてさらにBeastie Boysの名曲「Sabotage」を前作「強い気持ち・強い愛」に引き続き、ヒャダインこと前山田健一がリアレンジ。こちらもヒャダイン節全開サウンドで、ひじょうに革命的なアプローチになっているとのこと。

勢い止まらない活動のでんぱ組.incは、9月16日に恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライブも決定している。こちらも即ソールドアウトになること必至だ
今年100周年を迎える大阪市浪速区の新世界と通天閣を盛り上げるアートイベント「ブサイク100人祭り」が26日、現地で開かれる。一般女性100人に「美人の逆」を目指すメークをして、通天閣周辺に繰り出してもらう。美の常識を破壊し、新たな美を発見するのが目的という ファッションショーでのメークなどを手がけてきたデザイナー兼カメラマンの斉藤秀雄さん(38)=大阪市=とヘアメークアップアーティストの池本義文さん(32)=同=が企画した。現代の美の逆を追求することで美の理論や技術を高めようと、2人は昨年12月以降、池本さんが経営する美容室や市内のバーで参加者数人程度で3回試行した。  一般的には、頬骨や目鼻のバランスを考えてチーク(頬紅)をつけたり眉を描いたりする。ブサイク版では、短すぎる眉や多すぎるつけまつげなどが、参加者の欠点を強調する場合もある。ただ、メークは時代によって流行が変わるため、「ブサイク・メークが将来の流行を先取りする可能性もある」(池本さん)。参加者が似合うメークを認識するきっかけになることも多いという。  若手デザイナーや建築家らによる通天閣100周年記念イベント「ツムテンカク」の一環として催される。26、27日には、ブサイク・メークと美人メークの両方を屋内で経験できる「ブサイク★チェンジ」も実施する。両イベントとも20歳以上の女性を募集している。参加無料。メークの様子はインターネット上で中継し、変身前後の写真も公開される。メークアップアーティスト約20人も募集する。希望者は斉藤さん(saitoh@medi-graph.com)へ。【田所柳子】
 三軒茶屋南口の日大通りに4月29日、肉まん専門店「目黒五十番 三軒茶屋店」(世田谷区三軒茶屋1、TEL 03-5486-3755)がオープンした。(下北沢経済新聞) 同店は、1987(昭和62)年創業の肉まん専門店「目黒五十番」の支店。目黒本店のほか、川崎市内や恵比寿三越など百貨店内にも出店している。三軒茶屋店では製造はせず、他店舗で手作りした肉まんをテークアウトで販売する。店舗面積は各種肉まんの冷蔵スペースを含めて7.8坪。  同店の肉まんの「基本サイズ」は直径約12センチ。三軒茶屋店では「基本サイズ」よりも小ぶりの「プチサイズ」をメーンに展開する。「基本サイズ」のメニューは「肉まん」「あんまん」(以上400円)、エビやウズラの卵などが入った「五目まん」(630円)のほか、テレビで芸能人が「お取り寄せグルメ」として紹介したことから人気を集めた「角煮まん」(480円)など。「プチサイズ」は、細切りのシイタケのうま煮などが入った「椎茸肉まん」、上質な豚肉のみを使った「純正肉まん」(以上346円)など9種類。  「女性でも食べやすいプチサイズの展開で、これまで以上に多くのお客さまに当店の肉まんに親しんでもらえるよう努めていきたい」と、店長の今井えり子さん。  営業時間は11時~19時。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Designed and Photo by IORI

忍者ブログ [PR]