忍者ブログ
恵比寿の美容室
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年4月27日、40年にわたって愛され続けてきた香港最大のミスコンテスト「ミス香港」が、今年はイメージ回復を図る。ナチュラルビューティーを再評価するとして、美容整形の有無を審査項目に組み込むことになった。揚子晩報の報道。 毎年、地元香港では大きな注目を集める人気のミスコン。芸能界への登竜門としても有名だったが、近年は出場者や入賞者の資質が低下したとして、往年の勢いは感じられない。第40回という記念すべき大会を迎える今年、主催のテレビ局・無線電視(TVB)は、バラエティー番組制作部のチーフディレクターを新たなプロデューサとして抜てき。内容も大幅に見直すことになった。歴代の優勝者が審査員を務め、五輪を控えたロンドンでロケを行うなど、新企画が盛りだくさんだ。 その一環として、今年からは自然のままの美を重視することに。美容整形や豊胸手術の経験があれば候補者は失格になるほか、化粧なしの“素顔審査”も導入する。主催側は、「美白やボトックス(しわ取り)程度であれば、もはや時代の流れで致し方ない。しかし、メスを入れることは許されない」とし、ある専門医も「整形の有無は目視でも確実に確認できる」としている。 1973年に創設したミス香港は、出身者の多くがスター女優に転身するなどで毎年話題を呼ぶ。最盛期だった1980~1990年代には、“歴代最高”と評される完璧な美貌のミシェール・リー(李嘉欣)、国際的な実力派女優となったマギー・チャン(張曼玉)、愛らしく清純な魅力で一世を風靡(ふうび)したアニタ・ユン(袁詠儀)など多くのスターを生んだ。(翻訳・編集/愛玉)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Designed and Photo by IORI

忍者ブログ [PR]