忍者ブログ
恵比寿の美容室
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワーナー・ホーム・ビデオは、海外ドラマシリーズ「プリティ・リトル・ライアーズ」のDVDリリースを、4月18日から開始する。ファースト・シーズンをまとめたDVD-BOX「プリティ・リトル・ライアーズ<ファースト・シーズン>コンプリート・ボックス」(1000274879)がリリースされ、11枚組で価格は15,000円。セカンドシーズンのDVDリリースも8月8日に予定されている。

その発売を記念し、17日に都内で試写会が開催。その会場に、スペシャル・サポーターに起用された剛力彩芽さんが登場。作品の魅力を語ると共に、同作品のCM撮影で挑戦した“泥まみれ”の姿も披露した。

■プリティ・リトル・ライアーズとは

 「プリティ・リトル・ライアーズ」は、4人の美少女ヒロインが、美少女失踪事件の謎に迫るミステリー。

 舞台はペンシルバニア州ローズウッド。親友のアリソンが謎の失踪を遂げたとき、16歳のアリア、スペンサー、ハンナ、エミリーの女友達4人は、自分たちの秘密が永遠に守られると思った。4人は音信不通になっていたが、“A”という人物から脅迫メッセージを受け取り始める。どうやら送り主は、4人が必死になって隠してきた個人的な秘密を知っているらしい。4人が大切に守ってきたものすべてが、秘密、ウソ、裏切りによって脅かされとき、絵に描いたように完璧な郊外での暮らしが、突然崩れ始める。果たして真実は明るみに出るのだろうか……。

 親友のアリソンが失踪した過去を持つ4人の女性が、“A”と名乗る謎の人物から、脅迫めいたメッセージをメールや手紙で送られてくるようになり、その人物の謎を探る物語。失踪したアリソンからの手紙なのか? 誰かが嘘をついているのか? 4人とその周囲の人々も巻き込んだ、心理的な駆け引きも見所となる。

 「ゴシップガール」や「ヴァンパイア・ダイアリーズ」の製作陣が手がけたドラマで、サラ・シェパードのベストセラーが原作。主演はルーシー・ヘイル、トローヤン・ベリサリオ、シェイ・ミッチェル、アシュレイ・ベンソンほか。

■スペシャル・サポーターは剛力彩芽さん

 作品の魅力をアピールするスペシャル・サポーターには、「作品のような、ズルイ、かわいい、スリリングの要素を持ち、どこかミステリアスな雰囲気が漂う“ズルかわ系女子”」(ワーナー)だという、剛力彩芽さんが起用された。剛力さんはCMにも出演している。

 17日に行なわれたイベント会場に登場した剛力さんは、CM撮影時と同じブラックのミニドレスと小悪魔を思わせるアイメイク&ヘアアクセサリーで登場。さらに、CMと同様に、顔や腕などが泥まみれという出で立ち。これはDVD-BOXのジャケットにもあるように、劇中の重要なシーンを模したもの。

 この泥は“普通の泥”を本当に顔や腕につけているもので、「撮影が進むと乾いてしまうため、頻繁に水分を足したり大変でした。今日も、ステージのすぐ裏で乾かないようにしながら待ってました」と笑う剛力さん。特に顔の部分は乾くと固まってしまうため、大変なのだそうだ。なお、このCMの映像は、ドラマの公式サイトでも見る事ができる。

 海外ドラマ好きという剛力さんは、仕事での移動の合間などに作品を鑑賞。「“A”の正体について誰かと話し合いたくなる、とても先が気になるストーリー。1話観ていただければ、絶対に先が観たいと思うはずです」と、ハマるドラマである事をアピール。

 先の読めないストーリーだけでなく、「登場する4人は、私より年下の設定なのですが、皆凄く大人っぽいです。着ている服なども凄く可愛くて、そういった面でも注目したい作品。素敵な男性も沢山出てきます」と、19歳の女性ならではの見所も紹介。

 なお、作品のキャッチフレーズは「女の子は、嘘と秘密でできている。」というものだが、剛力さん自身の秘密については「隠し事ができないタイプなので(笑)」と答えていた
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Designed and Photo by IORI

忍者ブログ [PR]